オーストラリア留学記              1993年5月作成        Toru

 

        Gold Coast の海                    Bond 大学の Open Day
波が荒く決められた場所以外では泳げません。     構内に運河があるきれいな大学でした。
魚がすぐ釣れました。

 

  Griffith 大学の構内(アジア研究学部)        Griffith での友人の留学生が開いてくれた
  ここが学生のたまり場でした。             「さよならパーティ」 


1991年5月より93年4月まで、オーストラリアに留学してきました。 2年間というのは、その途中では十分長く、終ってしまえば、夢のごとく短い年月でした。 留学の目的は国際感覚を養う事であり、そのために積極的に人と交わるようにしました。 

最初の4ヵ月は大学付属の英語学校で論文の書き方等の勉強をしました。 語学学校は当然の事ですが、学生はすべて英語を母国語としない者ばかりであり、先生はゆっくり、明瞭に話すので長期間勉強しても上達しないという事を感じました。

91年8月にケアンズへ一週間程バスと列車で旅行しました。 オーストラリアの広さを感じるにはバスや列車で旅行するのがよく、どこまで行ってもオーストラリア独特のブッシュ(疎らな森林)をバスの中から一日中見ていました。 

生活の方はホームスティ、アパート、他の留学生との共同生活、大学の寮等で、7回転居しました。 寮にはアメリカから来ていた交換留学生が隣に住んでいて、私は南欧系のアメリカ人と思っていると、友人が日系かもしれないと言うので、聞いてみると、祖父母4人の国がそれぞれ違い、チェコスロバキア、スペイン、日本、メキシコとの事でした。 いろいろな人種の混在している社会の中にいると、それが当り前と思うようになります。 
 
91年9月から12月までゴールドコーストにあるボンド大学で国際関係論を勉強し、92年はブリスベンのグリフィス大学に転学してアジア研究を勉強し、93年1月から4月までボンド大学に復学し、MA(人文学修士)を習得しました。 ボンド大学は私立の少人数教育で、留学生の比率の多い(25%)大学でした。 グリフィス大学は公立で、学生数は1万数千人おり、留学生の割合は5%程度で中国系の学生が多く、日本人は少ない大学でした。
 
日本に比べるとオーストラリアでは何事にも時間がかかり、最初の1年間はいらいらする事も結構あったのですが、2年目になるとそれが彼らの生活スタイルだと思い、自分もそのリズムの中に溶けこんでいきました。 彼らはイエスとノーがはっきりしており、日本人からみると融通がきかないとか、仕事が遅いというふうに見える事もありますが、その反面、正直で約束はきちつと守るという印象を受けました。
 
異なった国から来ている留学生どうしの言葉は英語です。 言語は人間どうし理解するための手段の一つにすぎませんが、英語を共通語として認めないわけにはいきません。 また、文化背景が異なった人々の場合は身体言語等も異なり、「目は口程に物を言う」という事は必ずしも成立せず、言葉無しで理解し合うには限度があり、言語の重要性を痛感しました。
 
クラスの討論ではよく日本の事が話題になりました。 アジア研究学部という事もあって、皆日本の事をよく勉強しています。クラスでは日本人は私一人なので、私によく質問します。 クラスメイトに、「私は日本人だからといって日本のことをよく知っているとは限らない。 また私は日本の代表ではない。日本には多様な意見がある。」と言った事があります。
 
93年四月下旬に論文を出し終えた頃、グリフィス時代の友人が毎日のようにパーティや食事に呼んでくれて、別れの挨拶をしてきました。 彼らを通じていろんな事を知りました。私も彼らに何らかのものを残していった事を望んでいます。

大学のオリエンテーションで、「留学生はホームシックに二度かかる。一度はオーストラリアに来た最初の頃母国を偲んで、二度目はオーストラリアから彼らの母国へ帰った時オーストラリアを偲ぶ。」と言われた事を思い出します。
私の今がまさにそうです。