Toru

ンド旅行がきっかけ
 中学、高校と英語は好きで得意な科目でしたが、大学は工学部に進み、メーカーに就職して仕事に必要な技術文献を読む位しか英語に縁はありませんでした。
30歳の時新婚旅行でインドに行って異文化との接触に目を開かれ、その後ボランティアの国際交流サークルに入って日本に来た外国の方のお世話をしたりしていました。

ーストラリア留学
 英検2級は35歳の時に受け2回目で合格しました。それから1級を受けましたが、手が届きませんでした。その後準1級ができたので2回目で合格しました。
41歳の時に、オーストラリアに留学する機会に恵まれ、家族を日本に残して大学院に留学しました。2年間英語の世界に身を置いて貴重な人生経験をし、外国人との付き合いには慣れましたが、自分の英語がどれ位上達したかどうかは自分でもわかりませんでした。ひとつわかった事は、ただ英語圏の国に住んでいるだけでは英語は日常生活に必要なレベルにはなるが、それ以上には意識的に勉強していかないとなかなか上達しないということです。
英語圏の国に長年住んでいるだけでは、英検準1、1級に通るようにはならないでしょう。オーストラリアから帰って1級を受けるとまた落ちました。TOEICの点数も上がっておらず、2年間何をしていたんだろうと思いました。その後英語のリーディングのサークルに入ってTIME等の雑誌を講読しながら、1級を受け続けました。1998年、10数回目の受験の時、合格点ちょうどで一次に合格しました。ところがその後二次に3回続けて落ちました。

力と自信をつける
 2000年1月に「一次に確実に通る実力がないから、二次が恐いのだ。前回の一次合格は運が良かっただけだ。ともかく一次に確実に合格する実力を付けよう」と決心しました。それから仕事と家事(夫婦共働きで家事は分担しています)以外はすべて英検の勉強に当てました。
通勤時間、昼休みを含めて毎日3、4時間位、週末も終日可能な限り勉強しました。50歳になり、若い時に比べて学習効果が落ちているのでこれがラストチャンスと思い、意地になって勉強しました。もっとも1級は60代、70代の方も合格しているので、私はまだ若造かもしれません。

 勉強方法は、1番の単語の問題の正答率を7割から8割に上げようと単語の問題集を数冊2度勉強しました。
リーディングは自信があったのですが、1級には結構トリッキーな問題が出題されるので過去の問題も勉強しました。リスニングは30代から始めたこともあって最大の難関でした。衛星放送とラジオ講座を毎日聴き、そのかいもあって試験前に合格する自信ができました。
試験後も、初めて合格できるという確信ができ、実際一次はかなり良い点で合格しましたが、二次は通るまで何回も受験しようと半分諦めて受験したところ、合格してしまいした。どうしても通ろうと焦っていた時は落ちて、何回でも受けようと諦めたときは通って、不思議なものです。

 1級に合格しましたが、自分の英語力がまだまだなのは自分が一番よく分かっています。これからもずっと勉強を続けていくでしょう。
私は仕事に英語が直接必要な事はほとんどありませんが、外国の方が来られた時はよくアテンドや通訳をします。外国から来られた方が気持ち良く日本で過ごし、帰国された時は、英語をやってきてよかったとしみじみ思います。

れからも日々勉強
 私は好奇心が強く、自分と異質なものに触れる事に特に興味を感じるので、英語を通じて異文化の人と話したり、本を読んだりする事が好きです。それで長期間の勉強ができたのだろうと思います。
若い時に勉強していたら、こんなに苦労しなかったと思いますが、若い時は若い時で、他にしたいことがたくさんあるものです。中高年の方がじっくりと勉強でき、また人生経験が豊富なだけ特にリーディングは幅広く理解できることもあると思います。

 私の子供が小さい時は、外国の方のホームスティを受け入れたり、留学生に時々来てもらったりしました。そのせいか私の子供は外国人に違和感は少ないようです。

 1級に合格して肩の荷が下りたので、今は英語以外に身近な国の言葉である中国語と韓国語もテレビ等で勉強しています。またコンピュータのプログラミング(これも1種の言語です)も勉強しています。自分の英語力がついたのは、今まで人から教えてもらった事が大きいので、今度はそれを返していこうと思って英語のサークルを作りました。英字誌の講読と討論をしています。